Amos Lee – Chill In The Air (1 Mic 1 Take)

Amos Leeが10/8のNew Album発売に向けて? 1Mic 1Take シリーズで弾き語っている。
いいなー。

1Mic 1Take。
MAKALANIさんのCDの音入れの時に迷ったことがあった。
ギターとマイクの距離。狙い場所ではなくて、距離。
教科書的・一般的にはかなり近いですね。
マイクが耳だとすると、そんな位置でギターを聴く人はいないわけで、とすると今録ろうとしている距離は正解なのか?
いや、スピーカーから人の耳の距離があるから別にギターとマイクは近くて良いのか?
ま、正解はいろいろあるということは分かってるし、マイクの特性もあるし、弾く本人がどういう音にしたいかが正解ということはわかってはいるのですが。
このAmos Leeのビデオ、映像があるから 1 Mic が成立するのかな。
どうでも良い話しですが、このビデオを観ていろいろと考えさせられた訳です。
いいね〜、Amos Lee。早くアルバム聴きたい〜〜〜〜。


Leave a Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です