Newport Beach

参照:暴動のL.A.

今見るとMiami Vice風な色の写真なので記念にアップ(^^。

想い出多い写真。

1992年。暴動中のL.A.。

予約してあった2ドアのフルサイズにアップグレードクーポンを出すと、

ブルーメタリックのCamaroがぼくの車に。

派手な車。トランクもないガラス張りのハッチバック。

安全確保は裕福そうな土地を転々とすること。

Orange CountyのNewport Beach。

晴れた日にのんびりと過ごすにはとても良い、大好きな場所だ。

この橋は(確か)Lido Marina Villageの入り口。

夜中だというのに宿泊先のB&Bに帰る前に記念撮影。

写真を撮ったことにより、大きな問題を抱えることとなるとは・・・。

—-

車に戻ると、いやなニオイがした。

残ったチキンをDoggy Bagに入れてもらっていたがあまりにも臭う。

それにしても・・・。

アクセルを踏む足がなにかおかしい。

足を浮かしてみる。

・・・大変なことに気づいた。

ウ、ウンコ踏んでた!

この状況に我慢しながらスーパーマーケットまで走る。もちろん窓は全開だ。

すいている駐車場。入り口から少し離れた場所へ車を止める。

車を降りて足の裏を地面にこすりつけたまま歩き続ける。

出来る限り店内へ持ち込まないための優しさだ。

その優しさを裏付けるのがCamaroを駐車した位置だ。

多めのミネラルウォーター、靴用の洗剤、ブラシ、ペーパータオルを買う。

レジで紙袋かビニール袋か聞かれ、大きな紙袋に入れてもらう。

車の陰で靴の裏を洗う。ミネラルウォーターを多めに買っておいて良かった。

何回か丁寧に洗いその都度ミネラルウォーターで流す。

濡れた駐車場の地面は黒く拡がっていく。

ドロドロドロドロ・・・。

ゆっくりと四輪駆動のFord Pic Up Truckが近づいてきた。

若い男4人がぼくを見ている。顔は笑っていない。

通り過ぎても窓から身を乗り出して。

ひとりが何かを気づいたようで仲間に知らせる。

「ギャ~ハッハッハッハ」。

どうやらぼくの状況を理解したようだ。

Fordはゆっくりと駐車場をまわり、ぼくの前に戻ってきた。

大きく身を乗り出した男は、気づいたとき以上の声の大きさで

「ギャ~ハッハッハッハ」。

さすがにぼくも笑うしかない。

部屋に戻った。開けたドアの脇に靴を脱いで並べる。

ニオイが残っていなければよいが・・・。

明日はスニーカーを買いに行こう。

Doggy Bagに詰まったチキンは、やはり食べる気にならない。

きっと明日の朝も食べないだろう。

いや、しばらくチキンは注文するまい。

califso / Apr 14th, 2005 22:47


Leave a Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です