続いてゆくのかな/Flying Kids (1990)

参照:-勝手に推薦盤♪-
1111424251_1_tn.jpg
「続いてゆくのかな/フライング・キッズ」、久しぶりに、って、1990年のアルバムだから、きっと13~14年ぶりかな?聴いてしまった。そして、はまってしまった。
北さん の-勝手に推薦盤♪-のエントリ「続いてゆくのかな/フライング・キッズ」で、久しぶりに、って、1990年のアルバムだから、きっと13~14年ぶりかな?聴いてしまった。
そして、はまってしまった。今日は一日移動中の車でかけっぱなし。
このアルバム凄いっすねぇ。全曲OKです。彼らなりの完璧なFUNKです!ニヤッとしてしまうフレーズも多く、Pの薫りもふんだんに、もう大満足。
うちの子も、3曲目「行け行けじゅんちゃん」で大盛り上がり。
歌はもちろんだが、ぼくはドラムとギターに驚いた記憶も鮮明に残ってる。
ドラム、タム無しですからね。そんなドラムセットでイカ天に出てきて、これでもうニヤッでしょ。フロアタムはおいてあった気がしますが、今日聴いた感じでは、やはりスネアとキックとシンバル類だけで、抜群にカッチョ良いです。スネアが良い音してますねぇ。
ギター、このスタイルには参りましたねぇ。FunkyなカッティングからJazzyなアレンジのバッキング、ソロまで、、、。
この頃、ぼくも素人なりに自信を持って(人前で演るので、そりゃ~自信もなきゃってくらいの自信ですが(^^;)ギターを弾いていた時期。この方のギターが、かなり似たスタイルだったので驚いたのですが、もちろんイカ天で聴いた瞬間、自信喪失です(^^;。
相当上手い方なので、まだ演ってるのかな?このスタイルで今を聴きたいですねぇ。
5曲目「ぼくはぼくを信じて~満ち足りた男」につなげるギター、良い感じです。
6曲目「幸せであるように」のバッキングも抜群だしソロもオクターブ使ったりとツボにはまります。
このバンド、このギターが無かったらもう少し薄い感じだろうなぁ。
ところどころに入るハモンドオルガンと教会の雰囲気、笑えます。10曲目の「おやすみなさい」はこれで通しちゃうの?6曲目の「我思うゆえに我あり」の頭も面白い。うちの子もはまってた。
と、昨日の夜急遽取り込んだiTunesの音と共になんだかメモのように書いていますが。
このバンド今出てきた方が良かったなぁと思っちゃいますねぇ。あの当時、こんな黒い感じのバンドって他にあったかな?この何年か前にいとうせいこう、近田春男などが、こんな黒い感じの音に対して日本語で正面から向き合った時期があって、それからの流れも彼らの詩に感じますが、音にしてもそれに日本語を乗せることにしても理解できる人が少なかったのかもしれませんねぇ。決して色物じゃ無いですから。
6曲目「幸せであるように」。やはり何度聞いても最高だ。

> 幸せであるように、心で祈ってる・・・

きっと、理性ではわかっていても、感情がコントロールできないんでしょうねぇ。せつな~い。

> 寂しい時そばにいて欲しいだけなのに・・・

そう、そんな簡単なことなのに、やはりせつない~。
なんかいろんなことが頭を巡るから、寝ちゃおう。で、明日は元気に仕事だ!
califso / Mar 22nd, 2005 01:57


Leave a Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です