Tété

シャンソンって歌っていう意味なんですよね。アフリカの血を引くフランス人Tété(テテ)のインストアライブが5月26日に渋谷のTower Recordsであったので、観てきたの巻。

イメージはもっと固い生真面目な男かと思っていたら、そんなことは全くなく、PopでFolkでChansonで気さくなとても良い男でした。一生懸命に日本語も交えての30分ほどのステージ。

彼を知ったのはこの曲、A la faveur de l’automne。

この曲に掴まれてしまい、それからのファンなわけで、でもこの日が初テテ。
プロモーション来日ということだけではなく、インターネットメディアを意識して、写真でも動画でもどんどん撮ってシェアしてね!Instagramではハッシュタグ指定まで(^^。そして、彼自身のiPhone Appまであって、それらの写真や動画がそのAppに集まるという仕組み。オモシロイですね。

ということで、ぼくが撮ってきた動画。

で、一緒に撮った写真はこれ w

IMG_4065

 

11月には来日公演です!

あ、そうそう、彼の使っていたギターはLarriveeだったのは嬉しかった。
ぼくも使ってるLarrevee。
Raul MidonもLarrevee使ってたし、MAKANAも弾いてる写真あったし。
と、つまらないところで嬉しいのである。

 


Leave a Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です