R.I.P. Mama Africa

どんな人間になるか選べたとしても、わたしはきっと 今のわたしになることを選んだでしょう。 抑圧する側ではなく、抑圧される側にいるわたしになることを。

(わたしは歌う−ミリアム・マケバ自伝より)
自ら望んだのかそうなってしまったのか。
でも、この文章が彼女の人生を物語っているし、Mama Africaと呼ばれる所以もそうだ。
2008年11月10日、76歳。
イタリアで歌った後の突然のことだったようだ。
R.I.P.


Comments
  1. とど
  2. califso

Leave a Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です