Lionel Loueke と会ってくるの巻


リオーネルは、とってもメロウで物静かな大男。
音から感じていた優しさは、やっぱり人柄からなのですね。
羽根でくすぐられるような、耳元で囁かれているような、独特な歌とギターのユニゾン。
彼のギターは歌そのものでした。
声は彼からあふれ出ている音楽でした。


7/24、Cotton Clubにて~(^^。
年甲斐もなくリオーネルとツーショット!!!
サインももらっちゃったしね~(^^。

リオーネル ルエケ。
アフリカのアイデンティティを主にしたJazz。
これが心地よいのですよ。
アフリカもの好きのぼくは、でも恥ずかしながら実はこんなにアフリカな演奏は初めての体験で、興奮しっぱなしで(^^;。
2006年のアルバム「Virgin Forest」をさんざん聴いているのですが、さんざん聴いていてJazzだってわかっているのに、Jazzだったことにびっくり。
アルバムの細部(というかテクニックがどうとか音楽的にどうとか)を聴く必要が無い、あまりにも心地よいアルバムなので、ぼく的にはアフロポップを聴いている気になっていたようです(^^。
で、ライブが始まったらJazzでなんだかびっくり。
まあ、ジャンルはぼくにとって、今までもこれからもどうでもよいことではあるのですが。
彼はブルーノートに移籍したそうで、爆発的に売れてほしいですね。
もっと多くの人に聴いてほしい。
心から上質の音楽だと思ってます。
■彼のサイト
http://www.lionelloueke.com/
■アルバムを3枚ご紹介~
Gilfema / Gilfema (2005)
Lionel Loueke, Massimo Biolcati & Ferenc Nemeth - Gilfema
  
In A Trance / Lionel Loueke (2005)
Lionel Loueke - In a Trance - In a Trance
  
Virgin Forest / Lionel Loueke (2006)
Lionel Loueke - Virgin Forest - Prelude to Rossignol
  
ちなみに今回の来日はGilfemaではなかったのですが、ドラムはGilfemaのFerenc Nemeth(フェレンク・ネメテ)。
とんでもなく素晴らしいドラマーですよ!!!
要注目!!!


Comments
  1. JJ
  2. califso
  3. JJ
  4. califso

Leave a Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です