The George Benson Cookbook/George Benson (1966)

正確にはThe George Benson Quartetとなっている1966年のアルバム。
1118316381_1_tn.jpg
The George Benson Cookbook / George Benson(1966)

(iTunesで開きますのでインストールしていない方はごめんなさい)
カルテットといってもクレジットは
・George Benson(Guitar, Vocals)
・Ronnie Cuber(BaritoneSax)
・Bennie Green(Trombone)
・Dr. Lonnie Smith(Organ)
・Marion Booker(Drums)
・Jimmy Lovelace(Drums)
・Ray Lucas(Drums)
なので、ドラム以外の4人でカルテットでないかなと思えるほど
Guitar, Baritone Sax, Trombone, Organの組み合わせがスッッッゴイカッチョヨイ~。
そしてハッスルしてるGBがかなり良い。
Jazzは全然語れないほど聴いていないのですが、これはかなり聴いている大好きな一枚。
で、このCDったら再発されて4曲も増えている。66年のオリジナルのアルバムの意味は?
掘り起こした音源はそれだけでCDにして欲しいなぁ。もちろんレコード音入れ出来る時間の
制限でもれた曲もあるだろうけど、きっとボツになった曲もあるんだろうに。
ファンとしてはもちろん聴きたいが、それは別CDでお願いしたいと思っちゃう。
アルバムとしての意味が変わっちゃうだろうに。
でも聴きたいから欲しいんだけどね~(^^;。
(追加)
そうだよね~、iTMSがオープンすれば、追加の曲だけ買えるんだ。
なぜ今まで気づかない・・・。
califso / Jun 9th, 2005 20:26


Leave a Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です